いざ住宅購入、税金ってどうなの?

住宅ローン減税を利用して所得税を安くする

住宅購入は人生の中で最も金額の高い買い物と言えるでしょう。多くの人が住宅ローンを組むことになり、30年や35年の長きにわたりローンを返し続けるため、なかなか購入に踏み切れない人もいるかもしれません。そういう人たちのために住宅購入を決断してもらう後押しになるよう、国は「住宅ローン減税」の政策を行っています。これは住宅ローンの年末残高の1%の金額が、所得税から控除されて税金が戻ってくるというものです。控除期間は10年間であり、年末残高の最大額は4,000万円、最大控除額は10年間400万円です。これは400万円が戻ってくるという意味ではなく、収入に対する税金の額が安くなるというものなので注意が必要です。

住宅ローン減税の注意点

不動産屋や銀行などの金融機関のパンフレットを見ると、住宅ローン減税でこれだけの金額が戻ってきます、と大々的に盛り上げているものを見かけます。減税額の最大値を載せている場合があり、必ずしも誰にでも該当する数字ではないことは注意する必要があります。住宅ローン控除を適用するには、住宅ローンを10年以上利用しなければいけません。繰り上げ返済してローンの期間が10年を下回ったら、その段階で控除は終わります。また親などの親族からの借り入れには利用できません。収入によって所得税の額が変わるので、例えば年収400万円の人と600万円の人では控除額が変わることになります。あらかじめ自分の収入ではどれだけ控除できるのかを調べてから申し込めば、意外と戻ってくる税金が少ないなどガッカリすることはありません。