忘れちゃいけない!繰り上げ返済とは!

元本を減らして利息を軽減

住宅ローンを利用する際に重要なポイントの1つとなるのが、利息です。言うまでもなく利息が低いローンを選んだ方が、トータルの返済額が少なくて済みます。ただ、実際に資金を借り入れ、返済を始めた後でも、利息の負担を軽くする方法はあります。それが、繰り上げ返済です。 繰り上げ返済とは、毎月決められた一定の返済額の他に、資金的に余裕がある機会等を利用して随時に返済を行うことをいいます。繰り上げ返済を行った分は元本に充当されるため、元本にかかる分の利息が借り入れ当初の計算よりも少なくなり、結果的に返済総額が減額されます。 繰り上げ返済はカードローンなどさまざまなローン商品の返済方法として利用されていますが、住宅ローンは元本の額が特に大きいため、その分経済効果も高いと言われています。

無理のない範囲で返済額を決める

繰り上げ返済には、毎月の返済額に上乗せしたプラスアルファを返済する方法と、返済日と返済日の間に臨時の返済日を設ける方法の2種類があります。また、返済の効果も返済期間が当初より短縮される場合と、期間は変らずに月々の返済額が減額される場合の2種類があります。どのパターンになるかは銀行等の債権者側の定めるところによりますが、返済する側が選べる場合もあります。
繰り上げ返済はローンの負担を軽くすのに非常に有効な手段ですが、注意すべき点もあります。それは、「少しでも早く完済したい」と無理をするあまり手元資金を必要以上に減らしてしまい、病気や冠婚葬祭等の不意の出費に備えられなくなる場合があることです。繰り上げ返済を行う場合は、きちんとした生活設計のもとで返済額を慎重に見積もることが大切です。