自分に合った住宅ローンの選び方!

住宅ローンを選ぶ時に確認したいポイント

住宅ローンは、新築住宅だけでなく、中古物件の購入や増改築など住居に関する様々な目的のために利用することができます。特に、年収や人生設計などを考慮しながら契約先を選ぶにあたっては、銀行や信用金庫、農協などが扱っている住宅ローンの特色を知ることが大事です。また、住宅ローンの借入れ額によって、将来的に返済が必要な利息に大きな差が出ることもあります。そこで、無理のない返済計画を立てるために、経験豊かな金融機関の担当者からアドバイスを受けることがおすすめです。なお、住宅ローンの審査の流れや、利用条件などを確認するために、早いうちから興味のある金融機関の住宅ローンの資料を請求したり、相談会に出向いたりすることが大切です。

住宅ローンの返済を無理なく進めるには

住宅ローンの返済時の不安を解消するために、ネット上の専用ページで借入額の管理や、利息額の計算ができる契約先を選ぶことが肝心です。特に、滞納などのリスクを防ぐうえで、融資額を必要最小限にすることや、ゆとりのある返済期間を設定することが大事です。また、変動金利と固定金利の仕組みについては、一般の消費者が理解することが難しい部分が多いため、実績のある金融機関の担当者に積極的に質問をすることがだいじです。なお、変動金利に関心がある場合には国内外の景気を正確に判断する必要があるため、日頃から住宅ローンを専門に扱っている銀行のサイトや信頼のできる経済新聞や経済情報誌などから役立つ知識を得たりすると良いでしょう。